蒼衣のブログ。

毒親もちの主婦。毒母と絶縁後の心境・体調(子宮疾患/子宮内膜症+α?・自律神経失調症)などを語ります。

スポンサーリンク



99☆毒親との絶縁を経て、怒りよりも湧いてくる感情は。「言われた本人がイヤだと思ったらセクハラ」なら、毒親被害も同じだと思う。

Posted by ○蒼衣○ on  




もし毒親被害に同じように遭っている人が居たら、理屈とか精神論みたいなものじゃなくて、頭で感じたものじゃなくて、もっと体で感じたものとか、違和感とか・なんかオカシイってカンを信じていいって伝えたいです。



毒親被害の認知ってまるで殺人事件の裁判かのように、「証拠」やらなにやらを求められることが多いけれど、そうじゃないんですよね。



最近、セクハラとかも「言われた本人がイヤだと思ったらセクハラ」ってなるらしいじゃないですか。



昔よりも、もっと認定される幅が増えたと言うか。



毒親被害だって、やられた側がうわっと思ったらそれは被害だし、それを示して変わってくれないような相手は、しょせんその程度なんです。




スポンサーリンク







あとあの「三往復」の会話のキャッチボール、意外と毒親以外にも地雷発見になるんですよね。



本当に即答しなきゃいけないようなときじゃなくて、普段の時「三往復」の間に圧とか不機嫌さでこっちをコントロールしようとしてくる人、何気にいるんですよね。



で、大体そう言う人って地雷。



ワガママで乙女な女の子に構ってあげたい、甘やかしたいっていうタイプの人にとっては地雷じゃないんだろうけれど、そう言うちょっとした協議・話し合いに三往復もできないでいちいち圧かけてくるような人って、蓋を開けてみるとトラブルメーカーばかりでした。



なので私的な交流には、私はそう言う人とは関わらないようにしています。



もう毒親の長年のお世話だけで疲れ果てたので、今後はお互い人間として高め合っていける人とだけ、プライベートでは交流したいんですよね。




スポンサーリンク



関連記事