スポンサーリンク



13☆毒親との絶縁を経て、怒りよりも湧いてくる感情は。完璧な自分にならないと、心の傷は消せないと思っていた。 

2017, 07. 20 (Thu) 01:28




今の自分の状況や気持ちに、本当にぴったりな言葉を探し出す。



自分の事を、ちゃんと客観的に見れる・探れる自分になる。




そんな事が、毒親との葛藤で発生した心の傷に効くとは、思っていませんでした。



私はずーっと、「自分をどうにかする」ためには、完璧な自分にならなきゃいけないと思ってました。








スポンサーリンク










例えば一億円かせいで、友達が1000人いて、日本一の学校を卒業して・・・とか、そう言う安易な「完璧」ではないです。



でも、逆にもっと無茶苦茶な理想だったかな。



一言で言えば、「自分を大嫌いな自分を好きになれるくらい何かを成し遂げたり・変化したり・成長した自分」とか、そんな感じ!?



その頃は、自分の嫌いなところ・未熟なところ・ダメなところはすごく目につくのに、自分の良いところなんて認めようとしていなかった時代でした。




自己紹介や履歴書なんかの長所と短所欄に書かなきゃいけないときは、例えば「責任感がある」とか書いてたけれど、心の中で「でも融通が利かない」とか「固いだけ」とか「だから損をしがち」とか、



三倍以上はその長所によって発生するマイナス面を自然と心の中で羅列していた気がします。