蒼衣のブログ。

毒親もちの主婦。毒母と絶縁後の心境・体調(子宮疾患/子宮内膜症+α?・自律神経失調症)などを語ります。

スポンサーリンク



81☆毒親との絶縁を経て、怒りよりも湧いてくる感情は。何を言われたか・何をされたかだけじゃないんですよね。

Posted by ○蒼衣○ on  




そんな激烈な毒親から離れることができたものの、最初のうちは自己評価がものすごく低かったです。



それも自分が暗い性格なせいだと刷り込まれてたものの、私・・・実家以外で、暗い性格とか言われたことないんです。



しっかりしてるねとか・真面目だねとか・大人びた考えをしてるとか・冷静だとか、「考え方が老けてる」と言われたことはあるものの、基本的にある意味本当はおおざっぱで、ある意味のんびりやさんで、根暗では無かったんだと思います。



でも私は誰かに褒められても・そんな上記のような言葉をかけられても、良い風には取れませんでした。



うちの毒親は、「本当のお前は私だけが知っている」と言う感じで、ずっと圧をかけてくるんですよね。





スポンサーリンク







だから私は、その洗脳のままに、「私には、毒親だけが知っている「何か」が欠けている」・「だから愛されないんだ」とずっと思い込んでいました。



ずーっとそれを匂わされて、ずーっと自分のせいにさせられてて。



なんか今思うと、何だったんだろう・・・って本当に思います。



世間に対し、子供が親を「毒親」扱いすると、「何言われたの?」・「何されたの?」って聞くじゃないですか。



そんなただ一時の、暴言や暴力じゃないんですよね。



毒親って空気も家庭内のルールも価値観も全て「圧」・「不機嫌」をもって、なにもいわなくても・なにもしてこなくても「自由を許さない」・「自分自身を好きになるのを認めない」ところが巧妙なんだと思います。



でもそんな空気に触れ続けたことが無い人は、それが「常態化」したことない人は、中々分かってくれないんですよね。






スポンサーリンク



関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。