蒼衣のブログ。

毒親もちの主婦。毒母と絶縁後の心境・体調(子宮疾患/子宮内膜症+α?・自律神経失調症)などを語ります。

スポンサーリンク



毒親の正体知らないままあの世に行かなくてよかった2

Posted by ○蒼衣○ on  




昔、もし「この世からなくなっちゃいたい」と思わなくなる未来がくるとしたら、きっと今までの不幸を払しょくするかのような・シンデレラみたいな



人生にぱあっと道が開けた時なのかな?とか・菩薩のように悟りを開いて過去にこだわらなくなったりとかかな?と思っていました。



それか、実はあの毒親は本当の親じゃなくて、本来の両親が優しく迎えに来てくれる時とか・亡くなっていたとしてもその事実を知れた時なのかな?とか。



月並みだけれど、そんなドラマみたいな展開が自分をそんな考えから解放してくれるのかな?なんて思っていました。



でも違ったかな。今割とそこそこ幸せだけれど、やられたことは忘れられないし・つらいし・でも自分で自分を責めなくなったからラクだし、



でも総じて今の幸せで過去なんかぬぐえない。



もしも神様が現れて元から生まれない人生か生まれて苦労して現在に至れる人生か、どちらを選ぶかと言われたら間違いなく前者を選びます。



今の家族が「そんな寂しい事言わないで」・「だったら子供が生まれないじゃないか」と言うかもしれないけれど、もうそう考える自由くらいは



許してほしい。それに私がいなくても、子供たちの魂はなんらかの方法でどこかのお宅には生まれて来たと思う。



産まれて来たくないは自分の過去のがんばりや耐えに耐えたことや性格を否定してるんじゃなくて、毒親がひどいことをしてきた全てを


忌み嫌って否定したいからだから。。だからどうしてもアレがこの世に起きるのを、私は許したくない。



それをいうならたまたま生まれて来て・たまたま耐える事が出来ただけで、同じ人生を10回ためしにやり直してみたら、かなりな高確率で私はいまほど落ち着いた人生をおくれてない気がする。。



だから、どうしてもどうしても生まれてきたくはなかったと言う意志は変わらない。



でも逆に、絶対に絶対に毒親の正体を知らずに・だまされたまんま死ななくてよかったっていうのも変わらない。



自分の人生で一番しみじみと・何度思い返しても新鮮なきもちで痛感できたのは、コレかもしれない。



なので・・・世にあふれている「死/にたい」という言葉のもちぬしに「だめだ」と言って回ることはしないけれど(自分がやられたらいやだったろうし)、



でも・・・もしもここまで「似たような立場の人」がたまたま読みに来て、「毒親の正体を知ること」・「騙されていたと知ってしまう事」を非常に

スポンサーリンク











恐れているとしたら、それは真実を知り「切る」ことで逆に心の支えになりきるんだって、私はそうだったってことだけ伝えておきたい。



理解不能だとか意味不明だとか思われるかもしれないけれど、自分とおんなじような人がもし「真実にたどり着けない思い込み」がはずれて



十字架をおろせるかもしれないなら・・・あとたとえばだけど・・・輪廻転生して次の人生もいまの毒親みたいなので、次の「わたし」が



このブログ見に来てはやいこと呪縛を振り切れるなら・・・とか。。そんなそれこそ映画ドラマ級のこととかも起きるかもしれないので、



そんなドラマな薄い可能性を夢見てるっていうよりは、どうしてもどうしてもどうしても騙されたまま亡くなるのはいやなので、ちょっと変な時間だけどこれかいておきたいなって思ったので記しておきます。



毒親の正体を知ることが、信じて騙されたって現実を見るのがつらくてこわくてしょうがなかった私が、今ではそれが逆に心の支えでもあり・ほこりでもあり、



第二の人生の生命力の源にもなっています。






スポンサーリンク



関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。