蒼衣のブログ。

毒親もちの主婦。毒母と絶縁後の心境・体調(子宮疾患/子宮内膜症+α?・自律神経失調症)などを語ります。

スポンサーリンク



<1>子宮体癌検査でCLASSⅢ

Posted by ○蒼衣○ on  



毒母と再度一緒に住むようになって、いたぶられて精神的に追い詰められたり・無理難題を山のように押しつけられて疲れ果てたり・睡眠を妨害されまくってしまったので、子宮内膜症を発症しました。



元々生理痛がひどかったのはあったんですけれど、もう生理中に鶏卵のような血の塊がドバドバ出てしまうようになって・・・。




冒頭から汚い話でごめんなさい。でも本当にすごかったんです。もう夜用の一番すごいナプキンでも、その塊が出ちゃうと とてもじゃないけれど「もたない」んです。



しかもその感覚も何とも言えない非常に気持ち悪いものだったので、その時期は心底憂鬱でした。



ただ、その時期受診した医院が大ハズレだったのもあり、まともに治療できずじまいで7年ほどたってしまいました。








スポンサーリンク









そして40歳を超え、やっぱり人間ドックでみてもらったほうが良いかなと思い、レディースドックを受診すると・・・。



午前中に検査をしてもらって、昼頃には「8割方」の結果を聞かせて貰い、特に非常に問題がありそうな箇所は無いとのことでほっとしたていたのですが、6日後にクリニックから電話がかかってきてしまいました。




正確な文言は忘れましたが、「人間ドックの詳細な検査結果で ひっかかったので、院長から説明させていただきたい。いつなら受診できますか?」とのこと。



私はそれから出掛ける用事があったのですが、2時間くらいならなんとか都合がつけられるので 後日とは言わず、当日慌ててクリニックに向かいました。



だって、電話口では どの部分がひっかかったのか・どれほどマズそうなのか、そういう事は一切教えられない・・・って決まりだそうで・・・。



「えー!なにがひっかかったんだろう」なんてドキドキしながら何日も過ごしていたら、胃に穴があいちゃいそうですもの。





私は「何をさておいてもすぐ聞きたい!」と思ったので、すぐさま受診する事にしました。



しかし、院長先生の話を聞いても なんだか話がよく分からなくて・・・。



「子宮体部に異型細胞」 「要精密検査」



扁平上皮細胞・遊走細胞」等に ダメな方のチェックマークがついている、診断結果の紙をいただきました。



私は内膜症を患ってはいたけれど、「異型細胞」だのなんだのの言葉にはなじみが無かったので、その場の院長先生の「多分大丈夫だとは思うけれど大きな病院で検査して貰った方が良い」という言葉を、そのまま鵜呑みにしてしまいました。



スポンサーリンク



関連記事
○蒼衣○

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

該当の記事は見つかりませんでした。