蒼衣のブログ。

毒親もちの主婦。毒母と絶縁後の心境・体調(子宮疾患/子宮内膜症+α?・自律神経失調症)などを語ります。

スポンサーリンク



子宮体癌擬陽性-精密検査当日③

Posted by ○蒼衣○ on  



それで、その後は・・・内診台からおりても、しばらくはマトモに歩けませんでした。



別に股関節に異常が発生したわけじゃないんですけど、ドキドキしまくったのと・痛かったのと・バチンバチンと言う組織診の音が怖かったのと。何か色々、いちいちダメージになっちゃってたんだと思います。



痛みとか・やってること自体は無痛分娩の前日の処置のラミナリア挿入に近かったし・人間ドックでもやったから(ただしこじ開け方が今回の方が強かったような) 初めてじゃないんだけど、やっぱり「体癌かも」と思いながらやると 動揺やらなにやらで、いっこいっこに影響されちゃうんでしょうね。



あ、こじあける痛みそのものは、無痛のラミナリアの方が1.5倍くらい痛かったです。





ラミナリア入れるとき、看護婦さんから「これに耐えられれば、明日は全然平気。分娩ではこれ以上の痛みは無いから安心して」と言われたほどのものですから(※ただし、麻酔無しでも大丈夫なレベルではあります)。



それでも大げさかも知れないけれど、貧血っぽい感じでちょっと杖が無きゃよろけちゃうんじゃないか?と言うほどクラクラしていたので、婦人科の待合室で15分ほど休んでから会計に向かいました。



その間は、さっきまで頑張っていたラマーズ法から切り替えて、深呼吸を頑張りました(^^;。



さっさと歩いてさっさと帰りたかったんですけど、見栄を張って颯爽と歩こうとして よろけて頭打って入院・・・とかなったら本末転倒だし。



どうせ一旦異型が出た以上、すぐ無罪放免にならずにここからは長い勝負なんだから、一つ一つじっくり行こう・・・!そうじゃなきゃ、この膨らませた煩悩を処理できないし(^_^;・・・とブツブツ考えながら、ひたすら平常心になるのを待ちました。







スポンサーリンク











それで、何とか無事に帰宅。でも結果は2週間後。この二週間をどう過ごそう・・・ああタイムワープして早く結果を聞きたい!!とか、非現実的な妄想まで考えてしまいました。



しかし、そこでハタと気付いちゃったんですよね。 「もし体癌でステージ的にすすんでいたら、二週間を待たずして病院から呼び出しの電話がかかってくることがあるのかな」と。



人間ドックだって、あれ以降本当は異常が無ければ封書で結果が来ておしまいだったのに、電話がかかってきたし。



ただそうなると、子供には精密検査のことを話していないけれど、急に電話がかかってきて私が留守中で まあ子供にそのまま伝えてしまう可能性は無いにしても、私が正確に伝える前に子供が異変を察知して「なんで話してくれなかったんだ」と傷ついたらどうしよう。



悩んだ私は、またしてもネット検索しまくってしまいました。




スポンサーリンク



関連記事
○蒼衣○

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

該当の記事は見つかりませんでした。