スポンサーリンク



カテゴリ:64☆毒親との絶縁を経て、怒りよりも湧いてくる感情は。自分が苦しい時とか・寝込んでる時とか・事故にあった時とかに、来世では「パパママ助けて」とか、「お母さん」・「お父さん」とか口にしてみたいし・思ってみたいかな。 の記事一覧

64☆毒親との絶縁を経て、怒りよりも湧いてくる感情は。自分が苦しい時とか・寝込んでる時とか・事故にあった時とかに、来世では「パパママ助けて」とか、「お母さん」・「お父さん」とか口にしてみたいし・思ってみたいかな。 

2018, 06. 04 (Mon) 21:32



毒父はDVタイプだったので加齢で力が弱まったら多少落ち着いたりもしたけれど、毒母は生命と若さへの固執なのか加齢で余計に性格悪くなりました。



前は、そんな人間の元に生まれて搾取され続けた人生が、悲しかったな。



でも今は、自分が苦しい時とか・寝込んでる時とか・事故にあった時とかに、来世では「パパママ助けて」とか、「お母さん」・「お父さん」とか口にしてみたいし・思ってみたいかな・・・とかその位かも。



ふと気づけば、物心ついたときからこういう時に父と母が助けてくれる対象だって、思った事が無いんですよね。



子供が壁にぶち当たって悩んでいれば励ますどころか「そんな事で悩んでいる暇があったら親を構え」だったし。



病気で寝込んでいれば、「うつさないでよ」・「病院にいく面倒なんて嫌だから、大人しく寝てろ」・「痛いとか泣いたりとか煩いから黙ってろ」だし。



事故に遭ったら、これまた「余計な手間暇かけさせやがって」位の勢いだし。



元気で居たら、それはそれでピチピチ・きゃっきゃしてるのもムカつく、うざい・落ち着きがない・生き生きとしてるなんて自分の事ばかり考えて親孝行が足りないんじゃないか・・・と言う疑いの目や嫌味を振りかけてくるタイプでした。



そうなんですよね、これ書いてて改めて思っちゃった。



普通の家って、子供が苦しんだり病を得たら、心配してくれるし。



子供はパパママ助けてとか、普通に言えるんですよね。



子供時代、言ってみたかったなあ。



親と、言えるような関係でありたかったなあ。



自分がそう言う状況で、そう思えていたところって・・・想像してみたけれど、全然ピンときませんでした。




スポンサーリンク

関連記事