蒼衣のブログ。

毒親もちの主婦。毒母と絶縁後の心境・体調(子宮疾患/子宮内膜症+α?・自律神経失調症)などを語ります。

スポンサーリンク



70☆毒親との絶縁を経て、怒りよりも湧いてくる感情は。うちの毒親はクレーマーやストーカー並に話が通じなかった。

Posted by ○蒼衣○ on  





そう、本来家族とは「普通の神経をした」人間同士であってこそ、健全な生活が営める。



だけど不運にも毒親の元に産まれてきた子は、幼い時から「自国領土」で鬼を飼い・鬼を養い・鬼に心身共に貢ぎ・貢献・奉仕し続ける関係を求められてしまう。



毒親の洗脳の様なものが解け冷静になって見ると分かるのだが、うちは親子が完全に逆転していた。



子供は大人として振る舞い・いつでも慈愛の精神で挑まねばならず、それに失敗すると相手は赤子のように駄々をこねる。





スポンサーリンク







普通の人が「駄々をこねる」と言うのを聞くと、それこそ新婚白エプロンの新妻がかわいくふくれてるくらいを想像するかもしれないが、うちの場合は全く違う。



難癖をつけて百貨店や通販会社に猛烈にクレームをつけてお詫びの品か謝罪をもぎ取ろうとするクレーマー並みに執念深かったし、



呼ばれてもないのに家に押しかけて来て帰ろうとしないストーカーのように「距離感を一向に改めようとしない・話が通じない人」だったし、



そのくせ外面だけは良くて、色々な人を操作しまくってはほくそ笑むようなタイプだった。





スポンサーリンク



関連記事
○蒼衣○

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

該当の記事は見つかりませんでした。