蒼衣のブログ。

毒親もちの主婦。毒母と絶縁後の心境・体調(子宮疾患/子宮内膜症+α?・自律神経失調症)などを語ります。

スポンサーリンク



97☆毒親との絶縁を経て、怒りよりも湧いてくる感情は。地球の裏側の凶悪犯より、目に画鋲突き刺そうとしてくる毒親の方が私には危険なんです。

Posted by ○蒼衣○ on  




もう、こんなおかしい人の元に産まれて来たら、人生半分詰んだも同然ですね。



「それでも子供を愛せない親はいない」と言い切れる人なんて、私にはボンボン育ちの世間知らずにしか思えません。



そりゃあ世の中には飢餓や重病で命が消えそうな子供がいるんだろうし、毒親よりももっと凶悪な人間もいるのだろうけれど・・・。



私にとっては、地球の裏側にいる遠くのシリアルキラーや違法な爆弾所持者よりも、私の目の前:眼球の角膜の1ミリの距離に「画鋲」の切先を向けて今にも突き刺し続けようとしている毒親の方が、よっぽど恐怖なんです。



スポンサーリンク






もし自分の親がそう言った鋭利な「刺さる物」を目玉に突き刺そうとして来ても、反射的によけたり叫んだり・抵抗したり・拒絶したりすることも、子供には許されないんでしょうか。



そんな恐怖を感じてばっと手で払いのけたくなる前に、かならず「子供を愛さない親はいないはず」と言う可能性について、検証しなければならないのでしょうか。



「たかが画鋲」なんでしょうか。



芸能人でも有名人でも親友でも幼なじみでも恩師でも誰でも良いから大事な人が今画鋲を目に刺されそうになって、その相手が親だと分かれば安心できますか?



親だろうが何だろうが、うわあやめて!!!!!って思うのが、普通の人なんじゃないんですかねえ。




スポンサーリンク



関連記事
○蒼衣○

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

該当の記事は見つかりませんでした。