蒼衣のブログ。

毒親もちの主婦。毒母と絶縁後の心境・体調(子宮疾患/子宮内膜症+α?・自律神経失調症)などを語ります。

スポンサーリンク



98☆毒親との絶縁を経て、怒りよりも湧いてくる感情は。「オヤダカラ」なんて呪文で全部封印しようとしたら、病むだけです。

Posted by ○蒼衣○ on  




本当、「子供をかわいくない親はいない」って言葉ほど、馬鹿馬鹿しい物は無いです。



哀しいけれど、子供の事なんて心底なんとも思ってない人なんて、一定層いるんですよ。



それなのに、害悪がふりかかりそうな時の不快感や恐怖感や衝撃に、私はいつまで蓋をして目を背けなければならなかったんでしょうか。



あの”三往復”の法則じゃないけれど、相手が本当にわざとじゃなければ、画鋲を刺そうとしてきた手を振り払った後でも、その三往復の会話のキャッチボールの中で分かりあえるし・結果どっちに転ぶにしてもその3回くらいは自分の意見を言って良いんです。



「うわっ、何するんだ危ないじゃないか!」・「え、転んだ勢いで」・「気を付けてよ!もう少しで刺さりそうだったじゃん!」・「ごめん」・「危なすぎる!ちゃんと画鋲しまっといて」・「本当にごめん」



・・・せめてこの位の三往復ないと、「うわっ」て思った気持ちなんて、消せないですよね?



でも、「オヤダカラ」の五文字で、全部一人で消して飲みこめって言うんですよ、世間は。馬鹿馬鹿しい。



呪文じゃあるまいに。そんなので全部封印しようとしたら、病むだけなのに。



スポンサーリンク







反射的に払いのけたら払いのけたで、「叩かれて手が痛い」・「わざとじゃないのに」・「神経質」・「考えすぎ」・「冗談なのに」・「ビビりすぎ」と罪を全部なすりつけてくるような相手と、毎回こんな「突き刺すぞごっこ」・「チキンレース」をしなければならない人間の心境なんて、考えたことない癖に。



一回限りじゃないんですよ、ご機嫌そこねなくても目の前にあり続けるんです、画鋲が。。毒親の元に産まれるって、そんな人生なんです。



でも、私が言いたいのは・・・もし私と同じように毒親に不当に組み敷かれている人が居たら、「たかが画鋲」とか思わなくて良いから、自分を守ってほしいし・何か言ってきても自分のせいだと思わなくて良いんだという事を、伝えたいんです。



もしそれが今すぐできなくて、自分のカンを信じていいかわからなくても・・・「おかしい」・「こわい」・「いやだ」と思ったら、払っていい。



でも中々判断がつかずに余計苦しんでいる人が居たら、その罪悪感が少しでも減らせるなら・・・自分が経験してわかったことを、こうして残していきたいんです。



スポンサーリンク



関連記事
○蒼衣○

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

該当の記事は見つかりませんでした。