蒼衣のブログ。

毒親もちの主婦。毒母と絶縁後の心境・体調(子宮疾患/子宮内膜症+α?・自律神経失調症)などを語ります。

スポンサーリンク



<3>子宮内膜症の改善時期に、そう言えば低体温も改善されていたような 

Posted by ○蒼衣○ on  




そう言えば平均体温はあがりましたが、やっぱり秋口など夏のまんまの感覚でいると、すぐ膝や足先が冷えてきます。



だから、基本的な冷える体質はあんまり変わっていない気がします。



ただ、以前よりもその傾向がだいぶ弱まったのと・冷えを感じたらすぐあたためて芯から冷え切らないように心がけているせいで、冷えを予防・撃退できているから体温を維持できているのだと思います。



あと気をつけているポイントは・・・



▲冷えはじめたら、とにかくあたためる。そのたびにお風呂に入るのは大変なので、コタツや布団・着る毛布などを活用する。









スポンサーリンク









当たり前と思うかも知れませんが、結構冷えが常態化している時って、冷え切らないと気がつかないんですよね。



もうガマンできない・・・!という風に近くなったら、なんとかしようとすると言うか。


でも私は体温保持できるようになってからは、冷え始めたらすぐ気付くし、すぐなんとかしようとします。



コタツやあたためるものがとりあえず手元に無い時は、同じ姿勢でいると冷えが強まるので、ちょっと屈伸程度でも体を動かしたり・両手を15回くらいこすってから冷えている部分にあてたりしています。



そもそも両手が冷え切っている時はどうするのか・・・と言うと、両脇に挟んであっためてからもう一度手をこすって、冷える場所に当てます。



屈伸やハンドパワー(?)だけでは完全に冷えは撃退できないけれど、何もしないよりは応急処置的にちょっとでも緩和させたほうが、小さな積み重ねになります。



手のひらはそのままあてるのではなくて、あわせてこすってからのほうが効き目がある気がします。


▲冷えと漢方薬・・・?



私は漢方薬自体は、あんまり効きませんでした。



粉薬になっているのを飲むだけじゃなくて、専門店で買ってきて黒々とした液体になるまで煎じて飲み続けたりしたのですが・・・。



3年位、その都度診断してもらいながら調合して貰っても、全く効き目無し。体質なのかな・・・。



でもコレは効いたかな。


やっぱり身体が弱ってる時ってあんまり体温あがらなかったので、芯から滋養強壮するにあたって色々飲んだら、ユ○ケルとかよりも私には効きました。






風邪のひきかけ・風邪をこじらせた時も効果がかなりありました。



ドリンクは薬局でも置いてあるところは置いてあるので、見かけたら是非試してみて下さい。



糖分が気になる場合は、サプリみたいに粒タイプになってるバージョンもあります。



そう言えば、雑誌の冷え改善特集に、よく「しょうが」が載っているけれど、私はコレもあんまり効きませんでした。



それでもなるべく普段、取るようにはしています。ただし、しょうがばっかりじゃなくて、色々摂取するようにしています。



ビタミンとか有名な栄養素ばかりに目が向いてしまいがちだけれど、食べ物ってその他にもリコピンだのなんだのと、色々な栄養素や酵素があるんですよね。


同じものばかり食べていたらそう言うのが偏ってしまうし、脳への刺激にもならないので、1日30品目を目指しつつ・その中身もしょっちゅう変えています。


あと野菜や果物も、ジュース化されているようなものよりは その場で切った生のほうに酵素があると聞いたので、同じ食材でも生で摂ったり・調理方法も変えてみたり。



旬の物・どこかに出掛けた時はその土地の物を食べるようにもしています。



スポンサーリンク



関連記事
○蒼衣○

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

該当の記事は見つかりませんでした。