蒼衣のブログ。

毒親もちの主婦。毒母と絶縁後の心境・体調(子宮疾患/子宮内膜症+α?・自律神経失調症)などを語ります。

スポンサーリンク



<2>子宮体癌検査でCLASSⅢ

Posted by ○蒼衣○ on  



そして、院長先生は「お近くに大きい病院ある?」と聞いてきました。



なんでも、「紹介状の封筒にはきちんとした・正確な宛名を書かないと怒られちゃう」んだそうで、紹介先の病院の該当する科が「婦人科」なのか・「産婦人科」なのかとか、院長先生はその辺りを検索し始めました。



私はそれよりも、そっちの分野での名医とか ちゃんとした病院を調べて欲しい・・・なんて思ってしまいました。



・・・「とりあえず精密検査」だから名医<<近所って事なのかな?癌が確定したら、自分の選択で名医を探せって事なのかな?



でも 変な病院にあたって 転医して、何度も痛い検査したり・白黒ハッキリつくまで時間がかかるより、この最初の時点での大きい病院選びはもっと慎重にしたい・・・!と思ってしまいました。










スポンサーリンク










ただ、さすがにこの時間にスマホを開いて名医を検索し始めるわけにも行かないし(時間かかりそう)、ここは院長先生の言うとおり とりあえず近所の病院にした方が良いんだろうな・・・と思い直しました。



電話じゃ どこの箇所がひっかかったのか教えてくれなかったから下調べができるはずないし、ここは割り切って とりあえず家に帰ってからじっくり調べまくろう・・・!と。



そして帰宅した私はまず「子宮体癌検査」の「クラス3」とは 一般的にはどういう事なのか・・・と言う事から、まず調べました。



院長先生は「クラス4~は 癌の疑いが高まるけれど、クラス3は微妙なんだよね」とお気軽な感じで伝えてきたけれど、微妙ってどこから何処まで微妙なのか分からなかったし、可能性があるには結局、あるんだし。




だけど、調べだしてもよく分からないし、微妙どころかヘビーな話題がちらほらと。。




まず苦労したのは、検索結果に「子宮体癌」の「クラス3」ではなくて、「子宮頸がん」の「クラス3」情報ばかり出てきたこと。



昔よりはだいぶ増えたものの、やっぱり子宮癌の中では 子宮本体の「子宮体癌」よりも、子宮の入口部分の「子宮頸がん」の方が多いため、情報もそればかりで。



しかも、調べていく内に 院長先生のノリとは違う、重苦し~い雰囲気に。



ここからは素人が調べたネットの情報だから話半分に聞いて欲しいんですけど、、


CLASSⅢを精密検査すると・・・1割が癌、1割が単純異型(癌化の可能性有)、1割が複雑異型(子宮体癌ゼロ期)、5~7割が正常・・・

と言う事は、3割は安心できない!? しかも、精密検査の「正診度」も意外と高くなくて、見過ごされることもあるとか。




不安に駆られた私は安心できる情報を求めて、ひたすらネットサーフィンしまくりました。



スポンサーリンク



関連記事
○蒼衣○

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

該当の記事は見つかりませんでした。