蒼衣のブログ。

毒親もちの主婦。毒母と絶縁後の心境・体調(子宮疾患/子宮内膜症+α?・自律神経失調症)などを語ります。

スポンサーリンク



孝行したい時に親は無し、と言ってくる人は責任なんて取ってくれない

Posted by ○蒼衣○ on  




両親に大事に・もしくは「普通」に育てられた人は、私のように親と縁を切った人間を責めてくる事が多いです。



こちらももちろんTOP構わず親の悪口を言ったり・不幸に浸って自分語りしたりするわけじゃなくて、どうしても世間話や何かと家族の話題を出してきて、そちらはどう?なんて聞かれたりするので、うちはうまくいってなくて・・・



とか、あまりにしつこく聞かれたり・必要がある場合は「絶縁した」と言っているだけなのですが。



あとそうですね、正直言えば、本当だったら自分もあんまり言いたくないのですが、ある程度以上の仲良しの人に「私の親は優しい・私も親を大好き、あなたもきっとそうよね」的に、


本当にこの世の当たり前な現象として 親との仲良しエピソード・絆トークを延々と聞かされたりするのはやっぱり辛いので、軽くうちは違うと言う事を知っておいて・できれば言いたい放題言って欲しくない・・・と言う欲もある気がします。








スポンサーリンク










世の中不思議だなあと思うのは、既婚女性が未婚女性に向かって「なんでこちらの気持ちが分からないの?」なんて発言をしたらデリカシーがないし、



お子さんに恵まれなかった方・自らお子さんを産まない選択をした夫婦などに、同じく「なぜこちらの気持ちがわからない?」なんて発言をしたら非常識と言うのはある程度認識されているのに、



なぜ親の横暴で傷付いている子供に、愛されて育った人が「なんで親を大事にしないの?なんでこちらの気持ちが分からないの?」と言うのは、セーフなんでしょうか。




前例の二つと同じく、配慮に欠ける酷い言葉だと思うのですが。



「うちはちょっと微妙で・・」と言うと、それ以降必要以上に親と上手く言っている自慢的なものを話さないでいてくれる友人は多いのですが、中には逆にそればっかり言うようになる人もいます。



親は素晴らしいのに、あの人はそんな当たり前の感覚がない異常な人だ。



もしくは、あの人よりは私はその点に置いて勝てるなら、とことん主張してみようか。



大体、こんな2パターンで、選挙の宣伝カーのように親との「ノロケ話」や「自分の親孝行話」をとくとくと説教混じりで言われる事が多かったかな。


でも、当たり前ってなんでしょうね。そんな当たり前は、その人の見た世界であって、私の知ってる世界じゃないのに。



あなたのいう「当然」など一度もお目にかかった事がないから、こんなに苦しんでいるのに。



「親の悪口を言う人は、ロクでもない」なんてそう言う人は言ってくるけど、じゃあ実際親からの実害を受けてこちらがお金を毟り取られたり・いわれのない誹謗中傷を拡散されたり・親のストレスのはけ口としてサンドバッグにされてボロボロになった時、

その偉そうな人たちは責任を取ってくれるんですかね。



取ってくれませんよね。



言ったら、言いっ放し。



本当に親に愛されているか・ヒドイ目に遭っているかの検証もしてくれないし、ボロボロになったって胃薬ひとつ・見守りの目線一つかけてくれないような、無責任な人たちなんです。



だから、人生の途中まではそういう人たちの心ない言葉にすごく傷付いてきたし・罪悪感にさいなまれてきたけれど、今はもうなんとも思いません。



自分と違う立場の人の状態を推測・配慮できない人・そして距離感のない人の事で頭を悩ませるのは、親と関わってきたこの血みどろの数十年だけでお腹いっぱい。



もうそれこそ「普通」の人生の何周り分かはそう言うものにまみれてきたから、縁が切れた今外野のヤジなんかを真に受ける気はなくなりました。



私のことを「普通」に気を遣ってくれて・距離感を見てくれる人だけを、私も大事にしたい。

ただ、それだけ。そう言うシンプルな生き方を、しています。

偉そうな事を言う人たちも、よくよく見ると結局はそうしているのだと思います。




スポンサーリンク



関連記事
○蒼衣○

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

該当の記事は見つかりませんでした。