スポンサーリンク



カテゴリ:2☆毒親との絶縁を経て、怒りよりも湧いてくる感情は。どんな状況でも、攻撃力があるのは毒親だけ。 の記事一覧

2☆毒親との絶縁を経て、怒りよりも湧いてくる感情は。どんな状況でも、攻撃力があるのは毒親だけ。 

2017, 06. 29 (Thu) 13:00




わが家で子供らしく振る舞っているのは、毒親でした。




無邪気さ・幼さのニセの仮面を被って、やりたい放題。



父も母も、都合の悪いときは悪気は無いピュアを装ったりして。



私達は、とにかくガマンして受けとめる事を・途切れなく受けとめ続ける事を強いられて・・・。


私も姉も・・・「子供らしくふるまうこと」は一切許されず、常に言い掛かりをつけられてました。




毒親とのことを他人に説明する(機会がある)と、普通の家庭に育った人は



「たまたま」毒親の機嫌が悪かった、その時の暴言を私がいつまでも根に持っているのだと・・・そう言う話に持って行きたがるのですが。



毒親の気持ちが安定してることや、親として温和に接してくれたことなんて無いですね。



機嫌が良いときは、調子に乗って言いたい放題。

機嫌が悪いときは当たり屋のように絡んできたり、○○しろと言うからやったのにそうじゃない、理解力の無いお前のせいで機嫌が悪くなったと責めたり・・・。



世界中で一番不幸な自分のために、なぜ役に立てないのか。親不孝な子供達だ。



というていで、攻撃してきたりしました。



機嫌が良くても悪くても、いわゆる「普通の家庭」になんか存在しない、圧倒的な攻撃力を保持していましたね。