スポンサーリンク



カテゴリ:4☆毒親との絶縁を経て、怒りよりも湧いてくる感情は。毒親が損をしないシステム。 の記事一覧

4☆毒親との絶縁を経て、怒りよりも湧いてくる感情は。毒親が損をしないシステム。 

2017, 07. 01 (Sat) 15:00



毒親は子供を常に疲れさせて・判断能力を低下させたいんです。




判断能力が低下してても、言いなりにしてこき使うことはできますから。



ご機嫌を取るのも・雑用や家事を言いつけまくって奴隷にするのも、アダルトチルドレンが疲れていてもできるんですよ。



すごーく疲れるけれど、そんなに生き生きして無くてもできる作業ばかりですから。







スポンサーリンク











それをこなすのはアダルトチルドレン側が大変なだけで、毒親は全然へっちゃらですから。




昔の西洋の奴隷のイメージも、生き生き・きゃっきゃうふふと言うよりは疲れて斜め下を常に見てるような感じでしょう?



それにもし、毒親の指示どおりにACができなかったり・完了までの時間がかかりすぎたり・失敗したり・出来が悪くても、また罵倒・嫌味を言う口実ができるからあっちはほくほくなんです。




言う事を100こ突きつけてACが完璧に素早くこなしても、その分疲れまくるだけだからもってこい。

言う事を100こ突きつけてACが思ったように動けなくても、「さっき失敗したんだからコレをやれ」・「そんなにデキないなんてどうなってるんだ」と更に「獲物」にできるだけ。




毒親は、一切損なんてしない構造なんです。