蒼衣のブログ。

毒親もちの主婦。毒母と絶縁後の心境・体調(子宮疾患/子宮内膜症+α?・自律神経失調症)などを語ります。

スポンサーリンク



15☆毒親との絶縁を経て、怒りよりも湧いてくる感情は。親とのことを咎めてくる人だって、自分の事だと棚に上げてる。

Posted by ○蒼衣○ on  





私、小さい頃は親に監視されまくったしあまり自由がなかったので、割合変に世間知らずだったんです。




うちの実家だけがオカシイのかと思っていたし、世の中の人たちはもっと「普通」・「平和」だと思っていた。





実家が毒バリバリだった割にはいわゆる「善人説」みたいなのを基本的に信じていたし、今思うとびっくりするくらいある種脳天気な子供でした。







スポンサーリンク











まあもちろん、実家ほど世間にひどいひとって、中々居なかったのですが・・・。



それでも、私は植え付けられた自己劣等感みたいなものをぬぐえずに、いつも自分を責めたり・自分は大したことが無いのだと疑いをかけたりして心安まる時が余りありませんでした。





大人になって世間を見回してる内に、意外とキツい人・わがままな人・勝手な人・酷い人が目について、そう言う人たちにしてやられてしまう自分にさらに腹が立ったり。



結局、そのアクの強さをなんともできずに被害を受けてしまう自分が「弱い」と感じたり、信じた自分がバカだった・だから実家でも上手く行かなかったんだ・・・とか思ったりしてしまいました。




でもある時、自分は意外とまともだったんだって思えるようになって、思い込み無しで周囲や今までのことを考えたら・・・。

みんな・・・特に毒親のことを咎めてくる人だって、自分の事となると「棚に上げる」もんだなって、【前向きな意味で】思ったんです。






スポンサーリンク



関連記事
○蒼衣○

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

該当の記事は見つかりませんでした。