スポンサーリンク



カテゴリ:<8>子宮体癌検査でCLASSⅢ/腹腔鏡手術は一部自費? の記事一覧

<8>子宮体癌検査でCLASSⅢ/腹腔鏡手術は一部自費? 

2016, 09. 05 (Mon) 14:18



※【注意】医療情報・数値はネットの情報をかき集めただけなので、話半分に聞いて下さい。興味や疑問があったら、ご自身で調べ直して下さい。



それと。腹腔鏡手術は最先端医療なので、、状態によって健康保険が適用されないで自費の場合があるみたいで。



この辺は調べまくったんですけれど、子宮体癌初期(?)に健康保険が適用されたのは2014/4/1~だから、情報が古いのと新しいのと混ざってて、いまだよく分からないんです。



具体例を言うと、子宮関係の腹腔鏡手術の権威の医師のサイトを見たら、「腹腔鏡下手術による広汎性子宮全摘出術」は、「健康保険適応にならない」・「手術費と入院費で160~200万円」・・・!



これって体癌でも?それとも異型増殖症(0期)は適用外???とか。








スポンサーリンク










これにくわえて、藤田保健衛生大学病院の腹腔鏡手術hhttp://www.fujita-hu.ac.jp/~obgy9294/section/endoscope.htmlでは、



” 入院と手術に関しては、全て健康保険が適用されます。個室料金は別です。 婦人科癌(悪性腫瘍)に対する腹腔鏡手術は一部保険適応外です。ロボット支援下腹腔鏡手術は自費診療になります。”



と書いてあったり。その「一部」って何・・・!?そこを詳しく~~~!



でも、日本医科大学付属病院 http://hosp.nms.ac.jp/page/723.htmlでは腹腔鏡手術について、



”入院と手術はすべて健康保険が適応されます。(個室使用料は除きます。)手術の方法により費用は異なりますが、おおよそ50〜65万円で、通常その3割の負担となります。”



・・・って、「すべて」って書いてあるんですよねぇ。





さらに、豊橋市民病院 http://www.city.toyohashi.lg.jp/secure/16229/08sibyou.pdfのサイトでは、



”「子宮体癌腹腔鏡下手術」は保険適用3割35万、高額療養費適用後約9万、ただし手術支援ロボットシステムでは全額負担で80万、食事療養費等自費分除く・さらに健康保険の高額療養費及び生命保険等の先進医療特約は適用されません



と書いてあるんです。うーん、保険適用がどこからどこまで以外にも、先進医療特約が適用されないなんて事があるのね。



とりあえず、病院によって書いてあることがバラバラなのは 古い情報を更新してないからなのか、それとも他の理由なのかさっぱり見当がつかず。



精密検査にかかる前に受付に電話して質問するか、精密検査の結果で手術が必要っぽくなったら、先生に聞くしか無いのかな・・・と思いました。



私の勘違いかも知れないですけど、保険適用じゃなかったら高額医療制度が使えないっぽいから、金額差はかなり凄いことになりますよね。



あと、高額医療費制度は1ヶ月ごとなので入院期間は月をまたがないほうがお得とか・差額ベッド代・個室代は無関係だとか、調べてみて初めて知ることが多くて、目を白黒させてしまいました。



次の記事は、精密検査当日の振り返りを書きます。