蒼衣のブログ。

毒親もちの主婦。毒母と絶縁後の心境・体調(子宮疾患/子宮内膜症+α?・自律神経失調症)などを語ります。

スポンサーリンク



子宮体癌擬陽性-精密検査当日②

Posted by ○蒼衣○ on  



そして、や~~と内診が始まりました・・・。まずは、超音波。



待たされている間に「カバー」(?)がかかって上にゼリーが乗ってる「それ」を引きつり笑いで見ていたのでなんか余計イヤだったけど、心を無にしてひたすら心頭滅却・・・。違和感って言うか、やっぱり気持ち悪かったです。



そしていよいよ、組織診。



これが・・・人間ドックの時も、オプションで申し込んだら(売り上げになるから(?)喜ばれるどころか「え、やりますか?何か自覚症状ありますか?痛いですよ。普通、あんまり受けません」とクリニックの人に言われて・・・



「えっ、わざわざそんな事言うなんて、どれだけなんだろ(汗。でも子宮内膜症とかの心配もあるし、一応やっておきたい」と思ったので受けたんですよね。








スポンサーリンク










丁度、最初の待ちの段階で 待合室で「小林麻○さんが乳がんで・・・」・「あんなに若いのにやっぱりちゃんと検査は一通りやった方が良いのね~」なんて話しているおばさま方がいたし。。



その時も、頑張って子宮頸がんの細胞診(綿棒?みたいなものをこすりつけて細胞を採取)・子宮体癌の組織診(パチンパチンと組織を小さくちぎる(?)検査)をしたんですよね。



ただ、取るそのものの痛みよりも、クスコと言う器具を突っ込んで開く、その作業がイタかったかな~~(涙。。



とは言え、、精密検査の方が段違いに痛かった・・・!削り取った部分も多かったし、(人間ドックは2・3カ所で、多分精密検査は4カ所くらい?)こじ開け方が半端なくて。



それでも、子宮体癌の組織診は正診率が高くないし、子宮の奥に潜んでいることもあるし、ここらへんが怪しい・・・と医師が見当をつけてその部分の組織をとると検索結果で読んでいたので、なるべく力まず・先生が見やすいであろう感じにするためにラマーズ法を頑張ってしました。



もしかしたら、あんまり関係ないのかも知れませんけどね。でも、力まない方が多分まだクスコで痛い思いをしなくて済むと思います。



あ、でも組織診が終わって 内診台から降りたときに、先生が(※正確な文言じゃないかも)「子宮体癌があると体癌と内膜の境目?みたいな凸凹が見えるんだけど、ぱっと見 見え無かったからちょっと安心かな?」と教えてくれたんですよね。



その時、とりあえずほっともしたし、ラマーズ法を頑張ってやれて良かった、きっと先生もよく内膜が見えたはずで・それでも凸凹がなかったって言うなら大丈夫だろう・・・と自分に言い聞かせて「もしかしたら癌だったらどうしよう」という不安を多少なりともかき消せた気がします。



スポンサーリンク



関連記事
○蒼衣○

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

該当の記事は見つかりませんでした。