スポンサーリンク



カテゴリ:41☆毒親との絶縁を経て、怒りよりも湧いてくる感情は。ちょっとずつ回復して正常な感覚が戻ってくる内に、なんか違和感を感じるようになった。 の記事一覧

41☆毒親との絶縁を経て、怒りよりも湧いてくる感情は。ちょっとずつ回復して正常な感覚が戻ってくる内に、なんか違和感を感じるようになった。 

2018, 02. 06 (Tue) 21:45




面白いなあと思ったのは、そうやって中々回復しなかった頃はとにかく疲れやすくてげっそりしていて。



だからこの疲れや不調を感じない身体になりたいと、心底思っていました。



だけど後から振り返ると、当時は自分の不調をかなり甘く見積もっていて、本当は1000ダメージ位受けていたのに、150ダメージ位に感じていてなんでこんなに疲れが取れないんだろう・・・って不思議がっていたんですよね。



とにかく毒母に振り回されて判断能力を失っていたのもあるし、自分が今1万ダメージを受けているなら、そんなのいつになったら全回復できるんだ・・・!



だって被害を受けてきた期間と同じくらいの日数が回復にかかるときいたことがあるけれど、だとしたら私は治りきるまでに寿命が尽きてしまうのではないか・・・?



等々感じていて、正確な被害量を認めたくなかったのもあります。



あとアダルトチルドレンの悪い癖というかサガと言うかで、「人生で一番きつかった時期」が普通の人より長いため(外でなにかあっても家庭と言う安心できる巣がある人と、家庭こそが悪魔の巣窟な人では大分違うと思うんです)、



「それよりはマシ」と思ってキツさに鈍麻してる部分があるんですよね。



だから自分が世に言う「サバイバー」だとか言う「毒親被害からの生き残り」だと聞いた時もピンときていなかったし、今ほどそういう経験に拒否反応を示せなかった。



だけどちょっとずつ回復して正常な感覚が戻ってくる内に、なんか違和感を感じるようになったんです。